見出し画像

【レポート】れんが倉庫部[建築ガイド班]研修(第2回~第5回)

弘前れんが倉庫美術館

[建築ガイド班]の活動がスタートして早2ヶ月。夏休みの建築ガイドツアー本番に向けて、これまで5回にわたって研修を重ねてきました。そこで、前回に引き続き、その様子をレポートしたいと思います。

第2回研修(5/21)
この日は、美術館で毎月1回開催している建築ガイドツアーに、部員の皆さんが実際に参加するところからスタート。

感想や意見を交わしながら、これから自分たちで作っていくツアーのイメージを共有しました。

第3回研修(6/4)
いよいよ自分たちでガイドプランを作る作業に取り掛かります。
「美術館に来ているのはどんな人?」「伝いたいことは何?」「どんな方法で伝える?」など様々な議論からツアーのイメージを掘り下げます。

その後チームに分かれて、それぞれガイドスポットを探しながら、異なる3つのテーマでミニツアーを企画することになりました。

第4回研修(6/18)
前回、各チームが企画したガイドプランをもとに、それぞれ10~15分のミニツアーを作ります。初心者向けのコンパクトなもの、建築のディテールに着目したもの、現存の建物に残った痕跡から煉瓦倉庫の昔と今を辿るもの、三者三様のツアーになりそうです。

次は、各チームによるツアー形式の実践です。


事前に資料を用意してきたり、スポットによって担当を交代したり、即興的に解説を補足したり……まだまだ粗削りではありますが、それぞれの「良かった」「こうすればもっと良くなる」ポイントを共有し、ガイドプランをブラッシュアップしていきます。

第5回研修(7/2)
前回共有した改善ポイントをふまえて、本番に向けた20~30分のガイドプランを完成させます。


チーム間の息もすっかり合って、ツアーの完成が楽しみです!

第6回研修(7/23)では、本番さながらお客さん役も交えてのシミュレーションを実施します。3チーム、はたしてどんなツアーになるのでしょうか。
そちらの様子は、次回のレポートでご紹介します!



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!