弘前れんが倉庫美術館

青森県弘前市にある約100年前に建設された煉瓦倉庫を改修した現代美術館。 展覧会の開催のほか、ライブラリーや貸出スタジオなども併設。 光の角度によって色が刻々と移り変わるシードル・ゴールドの屋根がシンボルです。

弘前れんが倉庫美術館

青森県弘前市にある約100年前に建設された煉瓦倉庫を改修した現代美術館。 展覧会の開催のほか、ライブラリーや貸出スタジオなども併設。 光の角度によって色が刻々と移り変わるシードル・ゴールドの屋根がシンボルです。

    ウィジェット

    リンク

    マガジン

    • 弘前エクスチェンジ

      弘前れんが倉庫美術館で取り組んでいる「弘前エクスチェンジ」の活動レポートをまとめています。 このプログラムでは弘前出身あるいは弘前ゆかりのアーティストや、地域の歴史や伝統文化に新たな息吹を吹き込むアーティストなどが、作品制作や調査研究のほか、地域コミュニティと関わるプロジェクトなどを行います。あわせて、トークやレクチャー、ワークショップといったさまざまな参加型プログラムも開催します。 「エクスチェンジ=交換」という名前に込められたように、本プロジェクトはローカル(地域)とグローバル(世界)、つくり手と地域の人々そして鑑賞者といった異なる視点が交差し、ふれあい、交換される場を生み出すことで、新たなアプローチにより地域の創造的魅力を再発見することを目指します。

    • 展覧会アーカイブ&レビュー

      当館にて開催してきた展覧会のアーカイブや、青森県内の他美術館・学芸員に執筆いただいたレビューを紹介。

    • H-MOCAレポート

      当館でのイベントや進行中のプロジェクトなどを紹介します

    • 美術館までの行き方 | アクセス

      青森県弘前市の中心部にある当館。駅からのアクセスなどを紹介します。

    • コレクション作品紹介

      弘前れんが倉庫美術館のコレクション作品を紹介します

    最近の記事

    • 固定された記事

    こんにちは、"弘前れんが倉庫美術館"です。

    こんにちは、"弘前れんが倉庫美術館"です。 約100年前、青森県弘前市に酒造工場として建てられた煉瓦倉庫は、 2020年に「弘前れんが倉庫美術館」として生まれ変わりました。 美術館の建築設計を手掛けたのは建築家・田根剛です。 改修は「記憶の継承」をコンセプトに​、なるべく酒造工場時代・倉庫時代の姿を残すように努め、未来の時間へと引き延ばす建築に仕上がりました。この試みは国内外から高い評価を得て、「2021年度フランス国外建築賞グランプリ(AFEX Grand Prix

      • 【レポート】もしもし演劇部成果発表公演「A to A」開催しました!

        「もしもし演劇部」 「もしもし演劇部」は弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」のプログラムのひとつとして、2000年代に3度にわたり美術館になる前のれんが倉庫で開催された弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会にまつわる個々人の体験の記憶などをリサーチしながら、オムニバス形式の演劇作品を創作します。 無事上演終了しました 創作した作品の発表公演を、2022年12月18日(日)に実施しました! 雪の降る悪路の中でしたが、関係者を合わせて約60名のお客様にご来場いただきまし

        • 【レポート】もしもし演劇部8・9回目活動|「まもなく上演です」完成に向けてブラシュアップ

          「もしもし演劇部」 「もしもし演劇部」は弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」のプログラムのひとつとして、2000年代に3度にわたり美術館になる前のれんが倉庫で開催された弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会にまつわる個々人の体験の記憶などをリサーチしながら、オムニバス形式の演劇作品を創作します。完成した劇は、2022年度展覧会[秋冬プログラム]「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」会期中の12月18日に展示室で上演します。 あと数日後は上演本番! 8回目およ

          • 【レポート】もしもし演劇部6・7回目活動|「こうやって出来上がる」ストーリーづくり

            「もしもし演劇部」 「もしもし演劇部」は弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」のプログラムのひとつとして、2000年代に3度にわたり美術館になる前のれんが倉庫で開催された弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会にまつわる個々人の体験の記憶などをリサーチしながら、オムニバス形式の演劇作品を創作します。完成した劇は、2022年度展覧会[秋冬プログラム]「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」会期中の12月18日に展示室で上演します。 12月に入り、すっかり外は雪景色とな

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 弘前エクスチェンジ
            弘前れんが倉庫美術館
          • 展覧会アーカイブ&レビュー
            弘前れんが倉庫美術館
          • H-MOCAレポート
            弘前れんが倉庫美術館
          • 美術館までの行き方 | アクセス
            弘前れんが倉庫美術館
          • コレクション作品紹介
            弘前れんが倉庫美術館
          • 弘前れんが倉庫美術館を知る
            弘前れんが倉庫美術館

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【レポート】もしもし演劇部5回目活動|リサーチを振り返って「さあ、どうやって何を作ろう?」

            「もしもし演劇部」 「もしもし演劇部」は弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」のプログラムのひとつとして、2000年代に3度にわたり美術館になる前のれんが倉庫で開催された弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会にまつわる個々人の体験の記憶などをリサーチしながら、オムニバス形式の演劇作品を創作します。完成した劇は、2022年度展覧会[秋冬プログラム]「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」会期中の12月18日に展示室で上演します。 全10回の活動のうち、この日の活動は

            【ミニレポート】もしもし演劇部番外編|お茶会(茶話会)でネタ集め

            「もしもし演劇部」 「もしもし演劇部」は弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」のプログラムのひとつとして、2000年代に3度にわたり美術館になる前のれんが倉庫で開催された弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会にまつわる個々人の体験の記憶などをリサーチしながら、オムニバス形式の演劇作品を創作します。完成した劇は、2022年度展覧会[秋冬プログラム]「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」会期中の12月18日に展示室で上演します。 11月11日。この日の活動は「もしも

            【レポート】もしもし演劇部4回目活動|生きた言葉に触れて集めて「当時をよく知る人にインタビュー」

            「もしもし演劇部」 「もしもし演劇部」は弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」のプログラムのひとつとして、2000年代に3度にわたり美術館になる前のれんが倉庫で開催された弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会にまつわる個々人の体験の記憶などをリサーチしながら、オムニバス形式の演劇作品を創作します。完成した劇は、2022年度展覧会[秋冬プログラム]「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」会期中に展示室でドラマリーディング(朗読劇)形式で上演します。 4回目の活動では、

            【レポート】もしもし演劇部3回目活動|ドラマを見つけよう!ポーズで表現「思い出のワンショット」

            「もしもし演劇部」 「もしもし演劇部」は弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」のプログラムのひとつとして、2000年代に3度にわたり美術館になる前のれんが倉庫で開催された弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会にまつわる個々人の体験の記憶などをリサーチしながら、オムニバス形式の演劇作品を創作します。完成した劇は、2022年度展覧会[秋冬プログラム]「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」会期中に展示室でドラマリーディング(朗読劇)形式で上演します。 前回の工作を経て

            【レポート】弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」小さな起こりリサーチプロジェクト(活動4〜5回目)

            弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」 「ナラヒロ」とは弘前れんが倉庫美術館になる前の煉瓦倉庫(吉井酒造煉瓦倉庫)で2000年代に3回にわたり開催された、弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会のことで、ボランティアとして展覧会に関わった方々の一部で呼ばれていた通称です。今回の弘前エクスチェンジでは、このナラヒロについて思い出し、振り返り、そして考える活動を行います。 小さな起こりリサーチプロジェクトとは れんが倉庫が美術館へと生まれ変わる大きなきっかけとなった現代美術

            【レポート】もしもし演劇部2回目活動|部室で工作!「ここはものをつくるところだ」

            「もしもし演劇部」 「もしもし演劇部」は弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」のプログラムのひとつとして、2000年代に3度にわたり美術館になる前のれんが倉庫で開催された弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会にまつわる個々人の体験の記憶などをリサーチしながら、オムニバス形式の演劇作品を創作します。完成した劇は、2022年度展覧会[秋冬プログラム]「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」会期中に展示室でドラマリーディング(朗読劇)形式で上演します。 2回目の活動では

            【インタビュー】小さな勇気からはじまる進化論|竹内めいさん

            ※このインタビューは弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」小さな起こりリサーチプロジェクトの活動として取り組んでいます。 今回お話しを伺ったのは、前回のインタビューでお話しを伺った佐々木怜央さんと同じく、高校生の時に「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」(2006年)のボランティアに参加した経験をもつ竹内めいさんです。幼い頃から絵を描くことが好きだったという竹内さんは、現在はWeb・フライヤーのデザイン制作を行なっています。高校生ながらに自ら進んでボラン

            【レポート】弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」小さな起こりリサーチプロジェクト(活動2〜3回)

            小さな起こりリサーチプロジェクトは、れんが倉庫が美術館へと生まれ変わる大きなきっかけとなった現代美術作家・奈良美智による2000年代に3度開催された弘前での展覧会(ナラヒロ)が、人や街にもたらした創造性や変化を探るリサーチプロジェクトです。展覧会にボランティアとして関わった方々や街の人たちへのインタビュー、あるいは資料のリサーチを通して、奈良美智展弘前がきっかけで生じた「小さな起こり」を探しにいきます。 ◎「弘前エクスチェンジ」とは 本プロジェクトでは、弘前出身あるいは弘前

            【コラム】きっと誰も忘れないよ|小さな起こりエッセイ

            今回は弘前エクスチェンジ#05ナラヒロの小さな起こりリサーチプロジェクトのメンバーで、2022年展覧会秋冬プログラム「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」(以下、もしもし展)の会場づくりサポーターとしても参加してくれた中林瑛南さんによるエッセイです。 テキスト執筆者より はじめまして、小さな起こりリサーチプロジェクトメンバーの中林瑛南です。リサーチの活動がきっかけで、今回もしもし展のボランティアへのお誘いを受けました。 内覧会の日につけた日記に付け足しながら、感想

            【レポート】もしもし演劇部始動!初回活動は夜の集会!?

            「もしもし演劇部」 「もしもし演劇部」は弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」のプログラムのひとつとして、2000年代に3度にわたり美術館になる前のれんが倉庫で開催された弘前市出身の現代美術作家・奈良美智の展覧会にまつわる個々人の体験の記憶などをリサーチしながら、オムニバス形式の演劇作品を創作します。完成した劇は、2022年度展覧会[秋冬プログラム]「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」会期中に展示室でドラマリーディング(朗読劇)形式で上演します。 部員募集期間を少

            【インタビュー】 奈良美智展弘前のボランティアがきっかけで美術の道に|佐々木怜央さん

            ※このインタビューは弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」小さな起こりリサーチプロジェクトの活動として取り組んでいます。 お話を伺ったのは、高校生の時に「YOSHITOMO NARA +graf A to Z」(2006年)のボランティアスタッフとして関わり、現在は作家として活動する佐々木怜央さんです。佐々木怜央さんは「A to Z」のボランティアに参加したことがきっかけで、芸術系の進路に進むことに決めたそうです。 インタビューではボランティア参加のきっかけから、当時の印象的

            【レポート】弘前エクスチェンジ#05「ナラヒロ」演劇プロジェクト「もしもし演劇部」の体験入部を実施しました!

            8月11日(山の日)にもしもし演劇部の体験入部を実施しました! ▼もしもし演劇部の説明はこちらから▼ 体験入部では「リサーチをもとに演劇をつくるって何だろう?」をテーマに申し込みいただいた7名の参加者とともに、美術館館内を探検して建物の変遷を体感してみて自分が感じたこと・考えたこと・思ったことを言語化し、短い物語をつくってみる活動をしました。 体験に入るウォーミングアップとして「見る・聞く・探す」ゲームをしました。 「四角いものを探して指差して!」 「他の人と被らな